トランプと孫たち

『詩集ノボノボ』より

トランプと孫たち

 変化の激しい一日だった

 初雪が降り

 しかも いっとき吹雪になった

 止んだとおもったら

 トランプが大統領になっていた

 夜には 強風がうなり始めた

・・・・・・・・

 午後は孫守りを頼まれた

 吹雪の中 2キロの道を歩いてくる

 小学生ってたいしたもんだな〜

 小一の孫娘は いつものように隣の家で宿題?

 小四の孫は 庭で同級生とバドミントン

 子供はほんとに風の子だ

 風邪の子でもあるけどな〜

・・・・・・・・

 痛い股関節をだましだまし

 いつものように家政婦しごと

 掃除機かけ、おかずつくり

 共稼ぎ夫婦へのお手伝い

 家とか、父親宅とか、こことか

 私は毎日 どこかでおかずを作っているな〜

・・・・・・・・

 すっかり暗くなったので

 孫たちが家の中に入ってくる

 母親が来るまで 孫娘とトランプ遊び

 孫は私がつけたニュースを眺めている

 テレビでは トランプ勝利の映像

 「トランプかった!?」と私

 「えっ、じいちゃんどこにあるの?」

 トランプ候補とトランプカードを

 間違えた孫娘に トランプしながら

 皆で大笑い

・・・・・・・
 
 小四の孫が突然たずねる

 「じいちゃんはクリントンとトランプどっちがいいの?」

 ここから私のうんちく話がはじまった

・・・・・・・

 そのうちに話が大きくなってきて

 「どうして戦争なんかするんだ、おれはぜったいいやだ」

 と孫が独り言をつぶやく

 孫は最近 戦国武将にえらくご執心で 

 中学校では剣道部に入りたいらしい

 臆病たかりがひっくりかえって

 国士になったら少し怖いな〜

 なんて もっけやみ(取り越し苦労)してたので

 実は ホッとした

・・・・・・・・

 さて、また孫がたずねる

 「じいちゃん、なんで戦争なんかするの、人殺しなのに」

 よくぞ言ってくれたと思いつつ

 「そのとおり、だけど。。。」

 と、ろくなことを言えない自分

 物心ついてから

 ほぼ毎日考えてきたことなのに

 しまいには、兄弟げんかの話にかえて 煙に巻く

 ろくに答えられない自分が情けない

 だから 本能にしたがって 単純で強い言葉を

 発するトランプが勝つんだよな〜

 情けない自分が そうでなくなるような気がしてさ